本文へスキップ

薬物乱用性頭痛

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

緊張性頭痛と薬物乱用頭痛

薬「軽い頭痛なら病院へ行かなくても市販の頭痛薬を買って飲めばよい」と考えている方が多いかもしれません。

しかし、頭痛が頻繁に起きる人が頭痛が起きるたびに頭痛薬を飲んでいると、それによって頭痛を慢性化させてしまう場合があります。つまり薬物乱用頭痛(MOH:Medication Overuse Headache)に陥るのです。

 この薬物乱用頭痛とは、鎮痛薬を頻繁に服用することにより発生する頭痛になります。薬物乱用性頭痛の特徴は、1ヶ月に15日以上痛みが発生して緊張型頭痛のような痛み(重たい締め付けられるような痛み)と偏頭痛のような痛み(ズキズキと脈を打つような鋭い痛み)が混在して複雑な頭の痛みを感じます。

 薬物乱用頭痛は頭痛薬を頻繁に服用することにより起こるので、頭痛の分類においては二次性頭痛に分けられます。薬物乱用頭痛の薬の種類としては、アセトアミノフェンや非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs=Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs)などの鎮痛薬、トリプタン、複合鎮痛薬(鎮痛薬とカフェインの合剤など)、エルゴタミン製剤、ベラドンナ総アルカロイドなどがあります。

 これらの頭痛薬を常用することで頭痛が悪化している事実を正しく認識することが難しいのが現実で、頭痛が治らないとさらに市販の頭痛薬や処方箋薬を服用します。さらに飲み続けることで薬では頭痛を解消できなくなる負のサイクルになる傾向になります。

 薬物乱用頭痛に陥りやすい頭痛の強さは、中等度から重度の痛みが繰り返し起こることで頭痛薬を常用する方に多いです。そして仕事や家事がまともに行うことができず、日常生活に支障をきたし寝込んでしまうなど生活の質が著しく低下します。この様な日常生活が続くと痛みから逃れることや仕事や家事などの社会生活を行うため、また『いつ頭痛発作が起きるかわからない』という不安があるため、痛いときあるいは頭が痛くなくても予防的に薬を飲んでしまいがちです。そうすると、頭痛薬の服用量が増えてしまい薬への依存がエスカレートしていく事になります。薬の量が増え、効き目が持続する時間も短くなり、やがては薬そのものによって頭痛が誘発されるパターンになります。そして頭痛薬の過剰服用が引き金となり、痛みに対する感受性が過敏になるために痛みに対する力が弱ってしまい頭痛を感じやすくなってしまいます。 

 薬物乱用頭痛かどうかの判断として、「市販の頭痛薬を1カ月に15日以上(薬にカフェインが含まれている場合は10日以上)飲んでいないかどうか」をチェックします。もしこのような行動があれば、それは薬によって起きている薬物乱用頭痛の疑いがあります。もちろん、これより少ない回数の服用でも現れることがあります。 

 薬物乱用性頭痛は、最近特に増えているといわれています。痛み止めだけに頼るのではなく、根本的な改善を目指しませんか?

headache緊張性頭痛

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も緊張性頭痛の治療を行っております。

LINE

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。