緊張性頭痛の症状本文へスキップ

緊張性頭痛の症状 大阪 淀川区

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

緊張性頭痛の症状symptom

 緊張性頭痛の特徴やそれに付随した他の症状がみられます。それを以下に述べますので参考にしてください。

夕方になると頭が痛い

頭痛 緊張性頭痛の特徴として、初期は朝には頭痛はほとんどなく夕方になると頭痛が起こるのが特徴です。夕方になると頭痛が起こるのは、その日の疲労がたまってくることにより首の筋肉が硬くなってしまい、頭への血流が悪化してしまう事によって起こると考えられます。
 ただし、緊張性頭痛が発症してからの期間が長く、進行すると痛みは夕方だけではなく時間帯に関係なく朝から痛みが出てくることもあります。

目が疲れやすい

目の疲れ 首の筋肉が硬くなってしまうと頭への血液循環が悪くなってしまいます。その為、目の動きに関係する筋肉に対しての血液循環も悪くなってしまいます。その結果、目の動きに関係する筋肉への血液循環も悪化してしまいます。そうすると、目の動きに関与する筋肉には疲労が溜まりやすくなります。これが、目が疲れやすい原因と考えています。

顔がむくみやすい

顔のむくみ 緊張性頭痛の場合、首の筋肉が硬くなってしまいます。その結果、首の筋肉が血管を圧迫してしまい頭への血液循環が悪くなってしまいます。このような状態になると、頭から心臓にかえるリンパ管も圧迫されてしまいます。そうすると、頭部に在るリンパ液が心臓に還る事ができなくなってしまい顔面部にむくみが起こります。

後頭部や側頭部に痛みがある

頭痛 筋肉が硬くなってしまう事によって、神経の働きが過剰となり他の部分に痛みを引き起こしてしまう可能性があります。首や肩の筋肉は、悪くなった場所以外に痛みを引き起こるいわゆるトリガーポイントを非常に形成しやすい特徴があります。そして、これらの筋肉のトリガーポイントによって引き起こされる頭痛は、側頭部や後頭部に痛みを引き起こします。

肩こりや首凝りを感じやすい

肩こり 猫背になって顎を突き出してしまっている場合、背骨の上に頭がない為頭の重み(男性約6キロ・女性約5キロ)を首〜肩の筋肉で支えなければいけません。この負担が筋肉の血液循環を悪くしてしまい、神経の働きを過敏にしてしまいます。この状態では、頭痛によるストレスも加わり首・肩の筋肉をさらに硬くしてしまうという悪循環に陥る可能性があります。

頭を振ると頭痛がする

首の骨や首・肩の筋肉が硬くなることで、血液循環が悪くなり神経の働きが過剰になってしまいます。このような状態では、筋肉が動くだけで神経が刺激されてしまい頭痛を引き起こしてしまいます。

1他の症状として

緊張性頭痛の場合、頭が締め付けられるような痛みや重たい痛みが出る事がほとんどです。その為、頭の表面がキリキリと痛むという事はほとんどありません。このような痛みの場合、大後頭神経痛の可能性があります。

headache緊張性頭痛

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も緊張性頭痛の治療を行っております。
最寄駅は新大阪駅で新大阪駅から徒歩8分です。

LINE

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。