本文へスキップ

緊張性頭痛 原因

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

緊張性頭痛の原因what

緊張性頭痛って何!?

緊張性頭痛 筋緊張性頭痛は、頸や肩の筋肉が硬くなることによって起こる頭痛です。
分かりやすく言うと、『肩が凝って頭が痛い』って聞いたことないですか?実は、これが緊張性頭痛です。この緊張性というのは、筋肉が緊張した状態=凝り固まってしまった状態です。

 筋緊張性頭痛の原因となる筋肉は、首や肩の筋肉が影響していることが多く、特に頭を支える筋肉である後頭下筋群と呼ばれる大後頭直筋、下後頭直筋、上後頭斜筋、下後頭斜筋が硬くなることによって緊張性頭痛を引き起こしている事がほとんどです。

 特に、上記の筋肉を硬くしてしまう緊張性頭痛を起こしやすい姿勢として猫背があります。デスクワークの方に特に多い姿勢ですが、座っているので見た目上は疲労のたまらないリラックスした状態に見えますが、実際には首〜肩・腰の筋肉や背骨に強い負担のかかる姿勢です。また、動きも少ない分血流障害を起こしやすい状態とも考えられます。

 特に座っている時に、顎を突き出してしまっている猫背の姿勢の場合には、背骨の上に頭がこない為に頭の重み(男性約6キロ・女性約5キロ)を首〜肩の筋肉で支えなければいけません。この負担が筋肉を硬くしてしまい、筋肉内の血液循環を悪くしてしまいます。緊張性頭痛は筋肉がだんだんと硬くなってくる夕方から夜にかけて、症状が出てくることが多いです。 

 その他、自律神経失調症や顎関節症によって緊張性頭痛が引き起こされている場合もあります。このような場合には、夕方以外の時間帯にも頭痛が引き起こされる事があります。

 このような血液循環の悪い状態になると、筋肉はさらに硬くなってしまい神経の働きを過敏にしてしまいます。これが痛みの引き金となって、後頭部・側頭部・頭頂部・目の奥などに頭痛が起こります。痛みの特徴として、重たい感じギューッと締め付けられるような痛み・頭に輪っかをはめられているような痛みを感じる方が多くいらっしゃいます。また、中には頭を振ると頭痛がする、めまいがする吐き気がするまたは吐いてしまうという方もいらっしゃいます。

頭痛の種類

 日本の頭痛人口は約3000万人ともいわれ、人口の4人に1人は頭痛で悩まされています。しかし、受診などせず痛みを放置されている方は割にも満たないといわれてます。
頭痛は、一次性頭痛と二次性頭痛に分けられます。

一次性頭痛

一次性頭痛 一次性頭痛(慢性頭痛)とは脳や体に思い当たる病気がないのにもかかわらず、繰り返し起こる頭痛を”慢性頭痛” ”習慣性頭痛”ともいいます。“頭痛もち”といわれる方のほとんどがこの慢性頭痛であり、比較的若い頃から始まります。一次性頭痛は命にかかわることのない頭痛ですが、仕事が手につかない・家事ができない・やる気がでない・眠れない・ストレスになるなど、日常生活に大きな支障を与えるので軽く考えて放っておいてはいけません。

   緊張型頭痛 片頭痛  群発性頭痛 
 頻度  持続的
(1週間〜10日
多い時は毎日)
 月1〜2回、多い時は週一回  毎年のように1〜2カ月の間、毎日
 持続時間 30分〜7日間
(慢性になると毎日) 
 4時間〜3日間  15分〜3時間(多くは1〜2時間)
 頭痛が起こる時間帯  夕方  早朝や午後が多い  午前2時〜4時
 頭痛が起こる場所  両側頭部、後頭部  片側のこめかみ、目の奥  片側の目の周辺(歯痛、頚部痛)
 特徴  頭重感(ハチマキで締め付けられるような感)  拍動感(ズキズキ) または持続性の痛み  突き刺されるような、えぐられるような、焼けるような痛み
 痛みの程度  徐々にひどくなる  強い  激痛
 頭痛以外の症状  肩こり、めまい、
顎関節の痛み
 嘔吐、光過敏、音過敏、閃輝暗点、自律神経失調症  流涙、赤目、鼻漏、鼻閉、発汗
 誘因  肩こり、ストレス、悩み、顎関節症  運動、寝すぎ、飲酒、タバコ、生理  飲酒(群発期)
 日常生活での影響  運動、マッサージ、入浴で改善  階段の昇降困難、入浴困難、寝込む  安静にできない
性別
年齢
 女性に多く、中高年  小児から発症するが20〜40代の女性に多い  20〜30歳代男性

二次性頭痛

二次性頭痛 二次性頭痛(症候性頭痛)とは、くも膜下出血や髄膜炎・脳梗塞・脳腫瘍など、脳の病気が原因となっている頭痛です。原因をつきとめて、原因となっている疾患を取り除かなければ死に至ることもある”怖い頭痛”です。麻痺やシビレ・視覚異常などの症状が伴うような場合には特に要注意です。また「突然のはげしい頭痛(カンヅチで後頭部を叩かれた感じ)」は、くも膜下出血などの恐れがあるのですぐにでも病院に行く必要があります。痛みが脳の内か外かは本人が自覚して判断するのは困難です。普段の頭痛と様子が違う時やこれまでに経験したことのない強い痛みがあったとき、痛みが徐々にひどくなるようなときは、すぐに専門の病院に受診してください。
また、副鼻腔炎(蓄膿症)・虫歯・中耳炎・緑内障・花粉症など患部が脳の外の頭痛の場合もあります。

緊張性頭痛の原因

稀発反復性緊張性頭痛
 30分から7日持続し、、1ヶ月に1日未満(年間12日未満)の頻度の頭痛

 頭蓋周囲の圧痛を伴う稀発反復性緊張型頭痛
 頭蓋周囲の圧痛を伴わない稀発反復性緊張型頭痛

 A 平均して一カ月に1日未満(年間12日未満)の頻度で発現する頭痛が10回以上あり、
かつB〜Dを満たす。 
 B  頭痛は30分ないし7日間持続する
 C   頭痛は以下の特徴の少なくとも2項目を満たす。

1両側性
2性状は圧迫感または締め付け感(非拍動性)
3強さは軽度ないし中程度
4歩行や階段の昇降のような日常的な動作により憎悪しない
 D   以下の両方を満たす
1悪心や嘔吐はない(食欲不振を伴うことはある)
2光過敏や音過敏はあってもどちらか一方のみ
 E  その他の疾患によらない※
  ※1.病歴および身体所見・神経所見より頭痛分類5〜12を否定できる。また病歴あるいは身体所見・神経所見よりこれらの疾患が疑われるが適切な検査により除外できる。またはこれらの疾患が存在しても初発時の発作と該当疾患とは時期的に一致しない。

頻発反復性緊張頭痛
 1ヶ月に1日以上、15日未満(年間12日以上180日未満)の頻度の頭痛

 頭蓋周囲の圧痛を伴う頻発反復性緊張型頭痛
 頭蓋周囲の圧痛を伴わない頻発反復性緊張型頭痛

 A 3ヶ月以上にわたり、平均して1ヶ月に1日以上、15日未満(年間12日以上180日未満)の頻度発現する頭痛が10回以上あり、かつB〜Dを満たす。 
 B  頭痛は30分ないし7日間持続する
 C   頭痛は以下の特徴の少なくとも2項目を満たす。

1両側性
2性状は圧迫感または締め付け感(非拍動性)
3強さは軽度ないし中程度
4歩行や階段の昇降のような日常的な動作により憎悪しない
 D   以下の両方を満たす
1悪心や嘔吐はない(食欲不振を伴うことはある)
2光過敏や音過敏はあってもどちらか一方のみ
 E  その他の疾患によらない※
  ※1.病歴および身体所見・神経所見より頭痛分類5〜12を否定できる。また病歴あるいは身体所見・神経所見よりこれらの疾患が疑われるが適切な検査により除外できる。またはこれらの疾患が存在しても初発時の発作と該当疾患とは時期的に一致しない。

慢性反復性緊張型頭痛
 1ヶ月に15日以上の頭痛が3カ月以上(年間180日以上)ある頭痛

 頭蓋周囲の圧痛を伴う慢性反復性緊張型頭痛
 頭蓋周囲の圧痛を伴わない慢性反復性緊張型頭痛

 A 3ヶ月以上にわたり平均して1カ月に15日以上(年間180日以上)の頻度で発現する頭痛で※1、かつB〜Dを満たす。 
 B  頭痛は数時間持続するか、あるいは絶え間なく続くこともある
 C   頭痛は以下の特徴の少なくとも2項目を満たす。

1両側性
2性状は圧迫感または締め付け感(非拍動性)
3強さは軽度ないし中程度
4歩行や階段の昇降のような日常的な動作により憎悪しない
 D   以下の両方を満たす
1光過敏、音過敏、軽度の悪心はあってもいずれか1つのみ
2中等度ないし重度の悪心や嘔吐はどちらもない
 E  その他の疾患によらない※2、3
  ※1.コード2,3”慢性緊張型頭痛”は反復性緊張型頭痛から時間経過に伴い進展する。それに対して、最初の頭痛発現から3日以内に連日かつ絶え間ない継続的な頭痛となり、A〜Eを満たすことが明らかな場合に、コード4,8”新規発症持続性連日性頭痛”としてコード化する。頭痛がどのように起こったか思い出せない、あるいは不明確な場合は、コード2,3”慢性緊張型頭痛”としてコード化する。

※2 病歴および身体所見・神経所見より頭痛分類5〜12を否定できる。また病歴あるいは身体所見・神経所見よりこれらの疾患が疑われるが適切な検査により除外できる。またはこれらの疾患が存在しても初発時の発作と該当疾患とは時期的に一致しない。

※3 薬物乱用があり、コード8.2”薬物乱用頭痛”のサブフォームの基準Bを満たす場合は薬物中止したのち、改善効果が得られないまま2か月経過するまで、この基準Eが満たされるかどうかは不確実である。

緊張性頭痛の疑い
稀発反復性緊張型頭痛の疑い
頻発反復性緊張型頭痛の疑い
慢性反復性緊張型頭痛の疑い

ICHD−Uにおける緊張型頭痛の分類

2.1稀発反復性緊張型頭痛(infrequent episodictension-type headache)

2.1.1頭蓋周囲の圧痛を伴う稀発反復性緊張型頭痛(infrequent episodic tension-type headache associated with pericranial tenderness)

2.1.2頭蓋周囲の圧痛を伴わない稀発反復型頭痛(infrequent episodic tension-type headache not associated with pericranial tenderness)


2.2稀発反復性緊張型頭痛(frequent episodic tension-type headache)

2.2.1頭蓋周囲の圧痛を伴う頻発反復性緊張型頭痛(frequent episodic tension-type headache associated with pericranial tenderness)

2.2.2頭蓋周囲の圧痛を伴わない頻発反復性緊張型頭痛(frequent episodic tension-type headache not associated with pericranial tenderness)


2.3慢性緊張型頭痛(chronic tension type-headache)

2.3.1頭蓋周囲の圧痛を伴う慢性反復性緊張型頭痛(chronic tension‐ type headache associated with pericranial tenderness)

2.3.2頭蓋周囲の圧痛を伴わない慢性反復性緊張型頭痛(chronic tension‐ typ headache not associated with pericranial tenderness)

headache緊張性頭痛

532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

TEL 06-6395-3366
mail info@nomuraseikotuin.com
日曜日も緊張性頭痛の治療を行っております。

LINE

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。