本文へスキップ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

偏頭痛

緊張性頭痛

 偏頭痛は、片方のコメカミや耳の上辺りが『ズキズキ』したり『ガンガン』など脈を打つような痛みである事が多く、偏頭痛が強く現れているような時には日常生活自体に制限がかかってしまう事がある疾患です。偏頭痛が起こる頻度としては、1ヶ月に1回程度の方もいらっしゃれば毎日起こるような方もいらっしゃいます。また、天気が悪くなる前だけ偏頭痛を感じるという方もいらっしゃいます。

 偏頭痛には自律神経の働きが関与している事が多いことからも、偏頭痛の程度が強い場合には、吐き気やめまいを伴う事があります。

 偏頭痛は、男性に比べて女性に発症する事が多く男女比は1:4〜5と考えられています。偏頭痛の発症年齢としては思春期から20代前半の生活リズムに変化の起こりストレスが加わる時期が多いと考えられています。

 そして偏頭痛に対して様々な検査をしても、明確な原因が見つからない場合が多いのもい事実です。偏頭痛が起こりだすと慢性的に頭痛を感じることが多く、患者さん自身が『自分は頭痛持ちだ』と思っている方もいらっしゃいます。このような方の場合には、かばんの中に常に『頭痛薬』が入っているという事も少なくありません。
 
薬 偏頭痛は、日常生活に問題を引き起こしてしまうほど強い頭痛の事もあります。さらに悪化すると、偏頭痛の持続時間が長くなってしまったり、我慢をする事が難しく頭痛薬に頼ってしまう事も仕方がないことかもしれません。ですが、痛み止めの薬は頭痛を感じにくくするだけで、根本的な原因がよくなるわけではありません。
また、には必ずといっていいほど強弱はありますが副作用があります。副作用が少ない薬であっても、継続して積み重ねていくと大きな副作用となることも考えられます。

 偏頭痛は進行すると徐々に頭痛の頻度は増え始め、持続時間も長くなってきます。最終的には、頭痛が1日中続くということもあります。このような状態になると、少し休憩したぐらいでは偏頭痛が改善されない事がほとんどです。 そうなってくると、更に日常生活に問題が生じてきます。

 偏頭痛に対して東洋医学治療で、頭痛体質を改善していきませんか?

当院では今までの偏頭痛に対する治療経験から鍼灸治療などの最善の方法で治療を行い、症状からの早期回復のサポートをいたします。(当院での治療は、初期や痛みが出ている間は鍼灸治療が基本になります。その後、再発しにくい身体作りをお考えの場合には、整体療法などを使って骨格のバランスの改善を行います。)

headache緊張性頭痛

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も緊張性頭痛の治療を行っております。

LINE

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。