本文へスキップ

めまい

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

めまいについて

めまい

近年、めまいで悩まれている方が非常に増えてきているといわれています。
めまいは、『内耳障害』・『メニエール症候群』など病名がつくものもありますが、多くの場合は原因不明のめまいとなっています。
めまいには、回転性のめまい、浮動性のめまいがあります。それぞれのめまいの特徴や当院で行うめまいに対する治療法のご案内です。

回転性のめまい

回転性のめまいは、自分自身や周りの物がグルグル回って見えるようなめまいを差します。また、回転性のめまいでは目を閉じた状態では、自分自身が回っているように感じることもあります。このタイプのめまいは、吐き気を伴うことが多くあります。耳に問題があり、めまいが発生していることが多いようです。その為、耳が聞こえにくくなったり、耳鳴りがするといったことも併発することがあります。

耳に問題がない場合、自律神経失調症からのめまいの可能性があります。

浮動性のめまい

浮動性のめまいはフラフラ、グラグラするようなめまい。これは、高血圧や肩こり・自律神経失調症によって起こっていることの多いめまい。頭痛や首の痛み・手足のしびれを伴うことが多くあります。

症状は、徐々に現れ悪化していく傾向があります。ふわふわ揺れる感じがするタイプのめまいです。このめまいは、自律神経失調症が原因である事が多く、頭のてっぺん部分を触るとむくんだような、水がたまっているような感じになっていることが多くあります。

浮動性のめまいは、当院が治療を得意とするめまいのタイプです。

これらのめまいは、常に一定であるわけではなくある時は回転性のめまい、ある時は浮動性のめまいなどに代わることも多くあります。

東洋医学的にめまいとは?

目がかすんで目の前が暗くなるのを『眩(げん)』といい、ぐるぐる物が回って見えたり、物が揺れているように見えるのを『暈(うん)』と言います。この2つは同時に起こることが多いので『眩暈』と呼ばれています。目がかすんで頭がくらくらするのを『目眩』、ひどく頭がくらくらし目の前が暗くなるものを『眩冒』と言います。

眩暈の原因について皇帝内経では、『諸風棹眩、みな肝に属す』、『腎氣不足』、『氣血不足』などがあると考えています。

めまいが起こった時に受診する診療科目

めまいが起こった場合、まず耳鼻科を受診して下さい。ここで、耳に問題があるのかどうかをはっきりさせておくことをお勧めします。そこで、異常はなく『様子を診ましょう』と言われた場合は東洋医学的な治療をお勧めします。

当院でのめまい治療

当院では、めまいに対して東洋医学的な鍼灸治療を行っています。『病院で治療を受けたけどめまいが改善しない』、『めまいに対してあまり薬を飲みたくない』、『東洋医学的にめまいの治療を受けたい』という方お気軽にご来院ください。

【めまい治療に来院されている方の年齢】
 10歳代 …  2%
 20歳代 … 21%
 30歳代 … 29%
 40歳代 … 37%
 50歳代 … 11%
 東洋医学的なめまい治療は、1回でもめまいの改善が実感できることもありますが、継続的な治療が必要となることがほとんどです。ですが当院が自信と責任をもって行う東洋医学的なめまい治療を是非お試しください。

【めまい治療の流れ】
めまい治療ってどんな事をするんだろ?
どんな手順でするんだろ?って不安ですよね。
初めて東洋医学的なめまい治療をお受けになる前に、安心してめまい治療が受けられるように、めまい治療の基本的な流れを記載します。

1.カウンセリング表に現在の状況を記入

2.カウンセリング

3.東洋医学的診断

4.鍼灸治療
  鍼灸治療というと、”痛い”というようなイメージがあると思います。ですが、鍼灸治療に使う鍼は髪の毛ぐらいの太さの鍼です。さらに、ソフトな鍼灸治療を行いますので痛みはほとんどありません。そのため、鍼灸治療が怖かった方でも安心して鍼灸治療を受けることができます。

5.鍼灸治療後の効果測定

6.めまい治療後の説明とアドバイス
 鍼灸治療後の状態を説明し、日常生活での注意事項、生活習慣等のアドバイスをいたします。

めまいが起きた時の注意点

安静に保つ

めまいが起こったときには、できるだけ安静を保つ必要があります。安静を保つ環境として、できるだけ静かな環境で横になり楽な体勢をとりましょう。

精神的な落ち着きを心がける

自律神経失調症からのめまいの場合、精神的な興奮によってめまいは悪化してしまう可能性があります。めまいが起こった場合、できるだけあわてず気分を落ち着かせるようにしましょう。

めまいの季節の変化

めまいは季節の変化に大きく関係します。特に、春秋はめまいを発症しやすい季節と考えることができます。この時期には、睡眠不足にならないようにしましょう。胃腸に不快感がある方は、食生活にも気を配ることをお勧めします。

めまいを減らすための日常での注意点

1.日常生活リズムを整えましょう

自律神経失調症から起こるめまいは、日常生活が崩れると起こる傾向があります。食事のリズム・寝る時間などを安定させるだけで、めまいが改善することがあります。日常生活のリズムを整えるように心掛けましょう。

禁煙2.禁煙しましょう

タバコは、全身の血液循環を悪くしてしまいます。血液循環が悪くなると、耳の中のリンパの循環にも影響があります。できるだけ禁煙する事をお勧めします。

3.コーヒーの飲みすぎに注意しましょう

コーヒーの中には、カフェインが含まれています。カフェインは、交感神経を興奮させてしまう可能性があります。興奮した状態というのは、自律神経失調症によって起こるめまいの場合、めまいを悪化させてしまう可能性があります。

4.お酒を控えめにしてください

禁酒お酒は、睡眠を浅くしてしまいます。その為、睡眠をとったにもかかわらず起きても疲れが取れないといった症状が出ることがあります。また、利尿効果が高いため寝ているときにトイレで起きてしまい睡眠不足になってしまうことも考えられます。
 また、アルコールは興奮作用が強い飲み物でもあります。自律神経の働きを整えるために禁酒が理想的です。

運動5.適度な運動をしましょう

 適度な運動を行うことで、ストレスをやわらげることができます。自律神経失調症から起こるめまいはストレスによって引き起こされることが多くあります。適度な運動を心がけましょう。
 運動といっても、無理な運動を行う必要はありません。もっとも手軽な運動としてウォーキングをお勧めします。歩くときのコツとして、速く歩く必要はありません。ゆっくりとリラックスした状態で歩くことが理想的です。

headache緊張性頭痛

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も緊張性頭痛の治療を行っております。

LINE

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。