本文へスキップ

金属アレルギー

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

金属アレルギーについて

金属類は本来人間にとって無害なものです。しかし金属が汗や体液などに触れると金属が溶け出してイオン化すると有害なものになります。これはイオン化した物質が皮膚を経由して体内に取り込まれ、体内のタンパク質と結合するためです。この結合した物質を身体が異常なモノと認識し身体がアレルギー性を持つようになり免疫を作りだすのです。そして次に再び同じ金属が体内に入ってタンパク質と結合すると皮膚や粘膜を破壊しアレルギー症状を出す事を金属アレルギーといいます。
このメカニズムを「感作(かんさ)」といって免疫の過剰反応によるものです。

例えばピアスを初めて付ける時、皮膚に穴をあけ皮下組織に直接金属が接するので金属が体液にさらされます。とくに安いアクセサリーにはイオン化しやすい金属が使われていることが多いので注意が必要です。また汗をかくと時計の革ベルトやネックレスの所の肌が赤くなったりかゆみが出ます。これは汗の塩分がイオン化を促すから発症するのです。あるいは金属と肌の部分による摩擦でも起こります。

金属アレルギーは「体質」あるいは「金属の種類」によります。
金属種類が原因なのはイオン化して溶け出しやすい金属、または溶けにくい金属に分けられます。そしてアレルギーを起こしやすい金属としてニッケル、コバルト、クロム、水銀などがあります。またアレルギーを起こしにくい金属としてチタン、金、銀、プラチナなどがあります。
体質になると汗をかきやすい・かきにくい、角質層が厚い・薄いなどの要因になります。そして汗は酸性なので酸に弱い金属は溶けてしまいます。

当院で使用している鍼は日本製のステンレス鍼を使っているので金属アレルギーは起こしにくいです。
しかし、アレルギー症状が使用している鍼で出るかでないかパッチテストを最初に行いアレルギー反応を起こしているか起こしていないか調べ問題なければ鍼治療を行います。



headache緊張性頭痛

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も緊張性頭痛の治療を行っております。

LINE

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。