本文へスキップ

外感頭痛

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

外感頭痛

外感頭痛外感頭痛とは気候の変化や生活環境などの外部環境の変化、日常生活の不摂生などによって起こる頭痛のことです。これは西洋医学でいうと「急性頭痛」になります。

東洋医学における外からの刺激の要因として「風・寒・暑・燥・湿・火」の6つの外邪が原因によって全身あるいは頭部の氣血の流れが悪くなり頭痛が起こります。外邪の中でも外感頭痛は特に3つのタイプに分類されます。
それは風湿頭痛、風寒頭痛、風熱頭痛の3つのタイプの頭痛に分類されます。
これは主に風邪が主体であり、これに湿・寒・熱などの外邪が一緒に交わることで1つの頭痛の症状になります。

外邪のそれぞれの特徴をあげると
 ・湿:身体や関節が重たくだるい痛みで頭が圧迫感を感じるのが特徴です。
 ・寒:悪寒があり首の後ろから背中におよぶ頭痛で痛みも非常に強いのが特徴です。
 ・熱:熱っぽくのどの痛みなどがあり膨張感のあるのが特徴です。
 

更に頭痛の特徴をあげると

・風湿頭痛:胃腸の調子が悪く食欲不振になり手足が重だるく感じられ、頭全体がまるでヘルメットをかぶったようにズッシリ包まれたような頭痛の状態になります。

・風寒頭痛:風邪の引き始めみたいな感じで後頭部や側頭部が痛み頭痛が首の後ろから背中まで広がる状態になります。さらにエアコンや冷たい風に触れると頭痛が悪化してしまいます。この場合は温めることで症状の緩和がみられます。

・風熱頭痛:発熱や顔が赤く、口が渇き、目の充血、のどの痛みを感じるようになって頭が張り裂けるような痛みの状態になります。



headache緊張性頭痛

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も緊張性頭痛の治療を行っております。

LINE

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。