本文へスキップ

円背

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-6-36

円背

一般的にいうと猫背や反り腰の姿勢と呼ばれているものです。
頭が前方に出て状態で胸椎のカーブが後ろに大きく増強し腰椎の前弯が減少したもので骨盤は20°前方に傾きます。
関連する筋肉として胸鎖乳突筋・小胸筋・体幹屈筋群・大殿筋・ハムストリング・腰方形筋などがあります。
重心の位置が後ろになるために骨盤が前傾してバランスを取ろうとします。そして背骨が曲がり、脊柱管を囲む椎体の骨や靭帯、椎間板などが変形、肥厚して脊柱管が狭くなってきます。本来、脊柱管や神経の枝の出口は脊骨を前へ曲げたほうが広くなります。反対に反ると狭くなります。つまり骨盤の歪みで脊柱管が狭くなると痛みやシビレを感じるようになります。

背骨の曲がり強くなると上半身を後ろから支えている脊柱起立筋などが疲労しやすくダルさを感じるようになります。デスクワークでも肉体労働でも日常生活の中で体を反らす動作はほとんどなく、圧倒的に前に曲げる動作が多いです。したがって常に前側に重力の影響を受けてしまい背中や腰が丸くなりがちになるのです。このため緊張性頭痛を引き起こす筋肉が固くなるために頭痛が起こるのです。

headache緊張性頭痛

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も緊張性頭痛の治療を行っております。

LINE

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。